CABANON WOODSHED

Facebook pageへご登録下さい。最新の情報がご覧になれます。
CABANON WOODSHEDについて
☞インテリアデザイン、店舗設計&施工 ご新築などの家具一式製作、アパレルショップ、飲食店、美容室、ネイルサロン、撮影スタジオなどのデザイン・ディレクションと製作が主な業務内容です。他業態もご相談下さい。

☞オーダー家具 CABANONが提案する家具は古材、鉄、革など 無垢材を扱う事が多いです。また飲食店向けの家具やアパレル店舗什器、内照式ショーケース、システム什器、アンティークのコーディネイト、リメイク家具の製作、修理、補修、勿論、個人邸の家具といった部分的な製作などの実績も多岐に渡ります。

些細な事でも気軽にご相談下さい。
INFORMATION
CABANON WOODSHED
normal | list
箱根美術館 胸像展示台"CUBE BOX"納品
箱根の美術館で作家さんが作られた銅の胸像を展示する展示台を2台製作・納品させて頂きました。
美術品の展示台にも様々な種類があると思いますが、今回は木軸で組んだ後に、総パテ仕上げとし、硬質な特殊塗装を10数回重ね塗りしがらのとても丁寧な仕上げを施しています。
納品させて頂いた石井美術工房様ありがとうございました。
こちらの石井さんは著名な作家さん達と日々やりとりをされている鋳造の専門家です。
アトリエにも幾度となくお邪魔させて頂きましたが、繊細で特殊な技能と長年の経験が必要とされる世界を垣間見る事ができてとても勉強になりました。
一見簡単に見えるただの箱ですが、求められる高い精度に応える事も難しかった仕事でもありました。
次回このような仕事を頂いたときには、今回の経験を活かしてベースの形成から違ったアプローチで作りたいと思う。

__.JPG

__.JPG

__.JPG

__.JPG
| permalink | comments(0) | trackbacks(0) |
桜新町 PRESS SHOW ROOM はじまりました。
__.JPG

先週から友人のともやからの依頼で、学くん達の初の拠点「桜新町SHOW ROOM」を作りはじめました。
AUGUSTE PRESENTATION、BLACK&BLUE,henderscheme他、秀逸なブランドが並ぶそうです。
自分達でも筆を持ってペンキを塗り、インパクトを持ってビスを打ちまくる。
愛着のこもった素敵な空間になる筈です。
今月中旬には完成予定です。


__.JPG
__.JPG
__.JPG
真っ白な空間にプリミティブな家具達

| permalink | comments(0) | trackbacks(0) |
製作事例 木工挽物 轆轤(ろくろ)脚
ここ数か月、過去になく忙しい日々が続いていて、久しく空いてしまいました。
この期間いろいろなモノを作っているのですが、現場を優先して、時間を見ては載せていきたいと思っています。申し訳ありません・・・
先日、以前から作りたかった木工轆轤(ろくろ)の脚を製作しました。
気に入ったサイズやフォルムが見つからず、図面から製作して2種類の脚を作ることにしました。
ろくろとは古代からある方式で、調べるほど奥深い世界ですが、今回、伝統的な木工挽物をやられている職人の方との出会いがあり、とてもいい物を製作する事が出来ました。

この後はCABANONにて、この脚を使いテーブルを製作していきます。

__.JPG

太さφ120mmの重厚な男っぽい脚です。

__.JPG

__.JPG

__.JPG


__.JPG

太さφ50~20mmのとても細く華奢な脚です。
テーブルと言う事で荷重が掛かるため、強度的な事を踏まえて限界まで削られた物です。

__.JPG

__.JPG

__.JPG

__.JPG


「木工ろくろとは」
紀元前6000年とも言われる古い手法で、回転する装置に木を取り付けて、多くの刃物を使い分けながら挽いていきます。様々な形や装飾を創り上げるその道具も職人自ら炉に火をいれ鍛冶をしながら常にベストな状態にするといいます。
彼らは挽物職人でありながら鍛冶職人でもある訳です。




完成した物は後日また載せたいと思います。
| permalink | comments(0) | trackbacks(0) |
K邸 DINING TABLE W1800*D800*H750
過去に海に行けなかった夏なんてあったかな・・・
いやそんな夏一度も無い。
気づけば見事に仕事づくめになっている。
とても嬉しい事でもあるけど、心のバランスもお大事にです。

さて、先月"K邸にDINING TABLE"の納品してきました。
今回はすべて国産の古材を使用して、"天板40㎜厚で
W1800×D800×H750"というK様の体格にも似たガッシリした
立派なテーブルを作らせて頂きました。
「イメージした通りの質感と色で眺めていると幸せな気分になる」
こんなお言葉を頂いた後は、汗ダクの苦労も報われてご機嫌な帰り道です。
どうもありがとうございました。

このテーブルは結構な重さでしたので、車に積むのも一苦労でしたが、
最近は次男坊のJIONが力仕事の時に(ゲームの合間にちょこっと)
手伝ってくれる。。そう言えば昔、親父が造園と木工をやっている頃に
自分もよく手伝わされた事を想い出した。


__.JPG

__.JPG
一度色を入れてから・・
__.JPG
ウレタンを入れ込む
__.JPG
__.JPG
木目の隙間に樹脂が埋まった所で、表面をすべて剥離していきます。
__.JPG
__.JPG
そして、また新たに仕上げの色を入れてから薄くウレタンで塗膜を作る事で、マットな風合いのフラット面の天板となり、個人宅でも日常使いのテーブルに仕上がります。
__.JPG
大変ですが、この仕上げだと神経質になる事も無く手入れが簡単です。

古材特有のラフな風合いがお好きな方や、マットな乾いた感じを好まれる場合は違った手法で仕上げます。

FACEBOOK PAGEでは、一部の過去の実績がご覧になれます。
いいねで登録してみてください。
http://www.facebook.com/CABANONWOODSHED
| permalink | comments(0) | trackbacks(0) |
"FOLK FIBERS" SCRAPDENIM,NATURAL PLANTS,ORAGNIC,QUILT
なんかいいですね。


__.JPG

__.JPG


http://www.folkfibers.com/
| permalink | comments(0) | trackbacks(0) |
facebookページ内に過去に製作した写真をupしました。
初めてのお客さんと話すときは過去にどんな物を作ってきたのかお見せするのにメディアに焼いたりPCでご説明する事も珍しくないのですが、FBページ内に写真をarchiveしてみようと思い立ち・・・。
何件かUPしましたので、ご興味のある方は軽くCABANON WOODSHEDの"facebookページ"の「写真」を覗いてみてください。

PS:現状3か月程度お待たせしてしまいますが、一層努力していきます。
どうぞご理解頂けますようお願い申し上げます。

__.JPG

__.JPG

CABANON PHOTO ARCHIVES
http://www.facebook.com/CABANONWOODSHED#!/CABANONWOODSHED/photos


CABANON WOODSHED FACEBOOK PAGES
http://www.facebook.com/CABANONWOODSHED
| permalink | comments(0) | trackbacks(0) |
Green
INSPIRATION

__.JPG

__.JPG

__.JPG

__.JPG

__.JPG

__.JPG

__.JPG

__.JPG


| permalink | comments(0) | trackbacks(0) |
プカプカ
70年代 自分なんかこの世に生まれたばっかりの頃の唄だけど、ブルースしてる。
西岡恭蔵さん、高田渡さん、ムッシュ。。
この頃の唄いいね。



追悼live それにしても凄いメンバー


今の時代じゃ歌える雰囲気じゃないんだろうけど・・・

さて、あと一仕事頑張ります。
| permalink | comments(0) | trackbacks(0) |
麦酒屋るぷりん
麦酒屋るぷりん
ステキな店が銀座にオープンしました。
隅々まで丁寧な手仕事と考え方が見て取れます。
きっと麦酒もお料理も美味しいと思うんです。
こんなお店に家具を置いて頂いて嬉しい限りです。
画像はるぷりん様からお借りしています。詳細は末尾のHPリンクをご覧ください。
__.JPG

__.JPG

__.JPG

__.JPG

__.JPG

__.JPG

__.JPG

__.JPG

__.JPG

__.JPG

__.JPG

__.JPG

今回は密買東京さんからのご依頼でした。いつも感謝です。

麦酒屋るぷりん
| permalink | comments(0) | trackbacks(0) |
My song "ko-dai"
コーダイくん 
どんどんいい男になっていくなぁ・・ 
久しぶりに生でじっくり聞きたい


B:ridge style ko-dai
| permalink | comments(0) | trackbacks(0) |
cool "drilbox" GmbH
必要に迫られていつの間にかどんどん増える工具類。
ドルルやビットが散らばっていると作業効率も悪い。
いつもながら国産で気に入るデザインも少ない中、ちょっと気になるドリルボックスは信頼のドイツ製。

__.JPG
__.JPG
__.JPG
__.JPG


drillbox GmbH

| permalink | comments(0) | trackbacks(0) |
銀座"麦酒屋るぷりん" 古材Table W1100*D500*H750
朝、3.3M超えの長物の古材を作業車VANAGON T4に積み込もうと悪戦苦闘していたらちょっとした弾みでフロントガラスがメキメキと見事に割れてショックを隠せないまま、銀座へと納品に行ってきました。

__.JPG

艶消し鉄チンホイルにカモフラージュ仕様のサフェーサーのサイドドアに割れたフロントガラス・・・完全に銀行強盗仕様すぎて恥ずかしくなってきました・・。

__.JPG

子供の送り迎えやらでこれに乗る家族も可哀想なのでさすがに次の車を探さないと・・・
低燃費の電気自動車の流れか・・・家族はともかく、自分用にこんな車かな・・売ってませんが(><)
__.JPG

さて、納品してきた所は、銀座の並木通り近くの6月9日にGrand Openする「麦酒屋るぷりん」という若きオーナー"Nさん"初のご自分のお店です。
設計を担当されたHさまとは残念ながらお会いできませんでしたが、内装もとても味わい深くて素敵です。特に手で叩き出し?照明やBARNWOODの扉、極太のカウンターは存在感を放っていまます。
いい仕事してますね。細部にわたって丁寧です。
こんな素敵な空間にCABANONの家具を選んで頂けて本当に光栄です。

__.JPG

__.JPG

__.JPG

__.JPG

__.JPG

__.JPG

__.JPG

__.JPG

__.JPG

密買の千葉さんはじめ関係者の皆さま、どうも有難うございました。
またNさま、ご開店本当におめでとうございます!
オープンしたら必ず美味しいBEERを呑みに伺いたいと思います。
コンセプトも素晴らしいお店ですので、もし近くに寄られた際には一度訪れてみて下さい。
BARNEYS NEWYORKの並びです。

__.JPG

麦酒屋るぷりん
東京都千中央区銀座6-7-7 浦野ビル3F
http://www.beer-lupulin.com/

過去entry:古材ダグラスファー テーブル納品
| permalink | comments(0) | trackbacks(0) |
WOODDEN "3D SKATEBOARD FILM"
flesh!
__.JPG


A Girl skateboards team
SKATERS
- Vincent Alvarez, Brian Anderson, Kenny Anderson, Elijah Berle, Chico Brenes,
Justin Eldridge, Cory Kennedy,
Eric Koston, Stevie Perez, Chris Roberts, Raven Tershy & Jeron Wilson
| GUEST SKATERS
Shane O’Neill & Ryan Spencer

家具を作る際に余った古材や木材を集めていて、近いうちにCABANONのSKATEBOARDを作ろうと思ってます。


| permalink | comments(0) | trackbacks(0) |
渋谷の路地裏の店~Bistro Rojiura~
Bistro Rojiura
本日終了致しました。
後日撮影会をしますので改めてUPします。
__.JPG

__.JPG

__.JPG

__.JPG

__.JPG

__.JPG

__.JPG
本当に路地裏です。
あの煙モクモクホルモン"Y"と同エリアです。
明るい夕方あたりから一杯はじめたくなるテンションになります。

渋谷"Bistro Rojiura"
L"counter&4table
Design&Contract / CABANON WOODSHED

| permalink | comments(0) | trackbacks(0) |
狩集さんの1点もんテーブル
天気が良かったのでCABANONを始めた頃に作って大事に取っておいた家具を一台ずつ手入れしました。
__.JPG

これは大好きな一発描きアーティスト「狩集さん」に描いて貰ったもの。
4人が座れるテーブルなので絵の向きが一方向にならない様になってるんです。
鯉ともみじ・・
丁寧にペーパーをあて直して、BRIWAXをしっかり擦り込んでガラスも磨いて。。
キレイにしてあげてたら色んな記憶が想い返して・・・
自分の事務所に図面書き用として使おうと持ち込んで・・
ついでに事務所の模様替えまでしました。
陽気のせいか、有り難い事に注文をたくさん頂いてるせいか・・
頭を整理したくなるらしく、こういう時に限って余計な掃除をトコトンやってしまいます。
人間は頭で考えるよりも、実は先に行動してしまう動物だってどこかの偉い人が書いていたけど・・
__.JPG

__.JPG

__.JPG

__.JPG

話を戻しますと、狩集さんのテーブルは天板の絵を入れ替えたり出来る様にポン置き仕様にしてます。天板が重いのでこれまで一度も危ない思いをした事はないです。
もちろん止める事も可能ですが、使う方のアイデアやデザインが天板を飾るのっていいと思い込んで作った訳でして・・・
テーマは"毎日の食卓をartと共にあらんことを・・"
PRICEは190,000円税別です。
通常のCABANONのテーブルよりも2倍近く高くなりますが、何と言っても狩集さんの一点もん。今ならとても綺麗に仕上がっております。
W1440*D840*H755 CABANON×KARISHU

http://www.karishu.net/
| permalink | comments(0) | trackbacks(0) |
古材ダグラスファー テーブル納品
__.JPG

密買東京さんからの注文頂いた2台のテーブルが出来上がりましたので、後は納品を待つばかりとなりました。
銀座に出来るレストランに使われるとの事なので、どんなマッチングになるか愉しみです。
今回製作したサイズは、W1100*D500*H750と少し小柄なサイズなので脚を細めにしたのですが、その分天板は厚み40㎜と存在感を持たせています。

__.JPG

__.JPG

__.JPG

__.JPG

__.JPG

__.JPG

__.JPG

__.JPG

__.JPG

無塗装でマットな雰囲気も好きですが、飲食店の場合はそうも行きませんので、CABANONオリジナル配合の自然塗料にて仕上げ、艶無しウレタン加工でしっかり塗幕を作った後に、更に目の細かいペーパーでマットで滑らかな仕上がりにしていきます。
脚には高さ調整が出来るアジャスター付き。
古材とは言え丁寧に仕上げていますので、ご自宅、事務所、レストランなど幅広い用途で活躍すると思います。

そう、嬉しい事に近々アメリカから古材が大量に入荷するので、当面は安定した供給が可能になりホッとしています。
でもその半分は、来週の渋谷のレストランの内装で使う事になるのですが・・
またUPしたいと思います。
昨日は大好きなDENNIS HOPPERのB・D! そう同じなんですねー。
永遠の憧れです。嬉しい。余談でした。



| permalink | comments(0) | trackbacks(0) |
代官山"HB"様  WILL LEATHER GOODS用 REMAKE什器納品
先週、代官山の「HB SHOP」さんに納品してきたのは「WILL」というLEATHER GOODSブランドのベルトの陳列什器です。
AMERICAから送られてきた思い入れのあるパレットという事でしたので、上手く活かしながら機能性と安定感を持たせながらリメイクさせて頂くことになりました。

元の姿は、やれ過ぎて雰囲気が出過ぎのパレットでしたが・・ここから再生していきます。
__.JPG

WILLのBRANDイメージに合わせて脚の部分に装飾を入れていきます。
__.JPG

__.JPG

辛抱強くペーパーを当てながらお客様やスタッフの方が手など怪我しない様に滑らかに仕上げて行きます。
下地塗装の後は、3色のホワイトグラデーションでエイジング前のベースを作り、仕上げはパレットの存在感に負けない様にエイジングを施していきます。

__.JPG

錆びたL字金物を強度とアクセントとして・・。
__.JPG

ベルトが掛かるピンヘッドの形は、溶接工房の宮崎さんとも相談して、あまり見ない良い具合のフックが出来たと思うんです。

__.JPG

__.JPG

__.JPG

__.JPG

__.JPG

__.JPG

__.JPG

__.JPG

今回もKさん有難うございました。
2日後に始まる展示会にも無事間に合って良かったです。

DAIKANYAMA "HB SHOP"
WILL LEATHER GOODS
CITIZENS of HUMANITY
CHAN LUU
GOLDSIGN
DOMA

| permalink | comments(0) | trackbacks(0) |
CHAN LUU & PARRETTE REMAKE FIXTURE
DAIKANYAMA "HB" CHAN LUU
__.JPG

WILL"PARRETTE REMAKE FIXTURE
__.JPG

__.JPG

どう変わるか愉しみです。
__.JPG

CLASTYLE 塗り直して正解。
__.JPG

__.JPG

__.JPG
| permalink | comments(0) | trackbacks(0) |
OZARTSURF "マイケルピーターソンに捧げる"
相変わらずGwも何もなく仕事な訳ですが、苦でも無いので気にならない。それでも今日みたいな生憎の雨の時は、5台もの家具デザインの細かい収まりを描いたり、内装のラフデザインなど細かい作業をしているので、気分転換もしたくなってくる。

SURFINの話
ひと段落するまでは行けそうに無いけど、長年続けているのに一向に上手くならない波乗りが無性にしたくなってくる。
そんな時、よく読んでは納得しきりのOZARTSURFの矢口さんの文章が好きで開いて見ています。
媚びないストレートな文体とサーフィンの本質やほんとに愛している事を感じます。

次号5月10日売りのブルーは「マイケルピーターソンに捧げる」という矢口さんの原稿だけが読みたくて買ってみようと思う。

OZARTSURF
__.JPG

__.JPG

__.JPG
Photo Dick Hoole
Surfer Michael Peterson
AT Kirra (転載:OZARTSURFより)

http://www3.ozartsurf.com/
_____________________________________________

矢口さんのBLOGより~抜粋~

どうか5月10日売りのブルーを読んでいただきたい。
久しぶりに渾身を込めた原稿だ。
正直、ここ数箇月渾身がこもらなかった。
サーフボードの展示会だ、プロサーファーのゴシップだ・・
もうそんなの書きたくない。
ボードのデザインだ、サイズだ、シェーパーだ・・
どーーーーでもいい。
全てはライディングだ。
ファッション業界みたいなサーフィン業界が
サーフィンの本質を疎かにしている。
波に乗ってこそサーフィンだ。
デレクはキングアイランドで、トライフィンを
裏返しで乗っていた。
フィンレスを貫き同時に波の乗り方を教えてくれた。
波を見る目、波を捉える角度、ポジション、速度、、、
ボードじゃないんだよ、、ソウルなんだよ
体力なんだよ、センスなんだよね。

マイケル・ピーターソンは
サーフィンの本質を伝え他界した。

来月、頂いた原稿料を持参して
マイケルのママの家に行く。
原稿料はお香典とさせて頂きます。
日本にもマイケルに影響を受けているサーファーが
いることを伝えるためにシドニーから1100キロ
ぶっ飛ばして行きます。」
________________________________________________

この精神に賛同。肝に銘じて。

久しぶりに凄く観たいSURF MOVIE「The Still Point」
この映画の翻訳も矢口さんです。





| permalink | comments(0) | trackbacks(0) |
GESHITAPO
__.JPG
照明は大事です。

フリーエージェントと起業家の違いの話。
ここの記事を読む機会があって・・最後のフリーエージェントの集合体というワードに反応したので。
才能のある人材がそれぞれの技、経験、個性、感性などなど一人ひとりが依存せずに活き活きしているイメージ。
同じ事を4年前に自分のビジョンとして書いた事があったので・・・。
・・・・・・・肝に銘じて。

__.JPG

閉話休題。

あるアーティストが始めたアパレルブランドGESHITAPO(夏至タポ)が始動しました。

相変わらず言葉遊びの洒落が効いていてると思う。

このロゴのDESIGNもいいでしょ。

OMISHIRIOKIということで。KIYOちゃん流石です。
| permalink | comments(0) | trackbacks(0) |
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39